民泊新法施行から一年、順調に…増えてます。

産経新聞によれば民泊は「順調に」増え続けており、届け出件数は1年間で7・8倍とのことです。

観光庁のまとめによると、民泊の届け出件数は、新法施行当初の2210件から毎月増加を続け、今月7日時点では当初の7・8倍の1万7301件に達した。そのうち、東京23区が5663件と突出して多くなっている。

先週の新聞ではこんな記事があるんです。

3年(令和)時点の主要9都市(東京、大阪、京都、札幌、福岡、名古屋、広島、那覇、仙台)のホテル客室数は平成30年に比べて計8万室増え、1・24倍になると予測。…9都市すべてで客室数が、宿泊需要(客室稼働率85%想定)を上回った。計6・5万室が供給超過の状態で、大阪が2・1万室と最も多く、約3分の1を占めた。次いで、東京、京都がそれぞれ1・2万室、名古屋8千室と大都市での超過が目立った。

これはホテルの部屋だけの話です。

つい3年前、オリンピックにはホテルの部屋が足りなくなって海外から人を迎えられないからと、民泊を許可しようというあの話から法律ができたのはいったい何だったんでしょうか?

最初から見ていたけど、やっぱりかという気もしないではないです。ホテル業界が何もしないわけ無いじゃないですかね。

オリンピックが終わって、ホテルの部屋が余ってホテル同士が潰しあって、民泊もどんどん増えていく。そんなに宿泊施設が増えてどうするんでしょうか?

いつか難民用の施設に!
なんて密かにまじめに考えている輩がいるようですよ。

グローバル社会推進の左側野党『日本には難民施設がたくさんありますからどんどん難民を受け入れましょう!』

なんという怖い話でしょうか。

そんじゃなくても民泊は不法滞在者の住処になりつつあるって言っている人も多いのに。

さきほどの産経新聞

エアビーの共同創業者兼最高戦略責任者のネイサン・ブレチャージク氏は「日本全国には850万軒の空き家がある。空き家で思い出が生まれるようにしたい」と、空き家を活用して地方の民泊の普及を進める方針を強調する。

この間まで違法とされてきたエアビーアンドビーが普通にこんなことを言ってるわけです。

とりあえずホテル業界はどうなっていくんでしょうか?

心配です。

アパホテルは元気そうですよ。
アパホテルが五輪後の「供給過多」を怖れず拡大戦略に走る理由

トリバゴの一覧に出るサイトを調査 2019

トリバゴを見ると、400社以上ものサイトと提携しているということになっていますが、実際に国内と海外のホテルの一覧を調べてみるとおよそ20社前後のサイトが目立って表示されています。

その20前後のサイトについても、数年前とはかなり変わってきたなという印象があります。

一番違うと思うのは「じゃらんnet」が見当たらないということですね。以前はよく出ていましたが、提携をやめたのか、あるいは料金の設定を変えたのか、こちらでは分かりませんが何度調べても一度も一覧に出ませんでした。

また、今まで見かけない海外系のサイトでどこにでも顔を出すサイトもいくつか出てきています。例えば、Trip.comやTICATI.comELVOLINE.comなど、これらは海外に本拠地があるサイトで薄利多売で手数料を稼ごうというサイトと見ていいと思います。

最安値を探してこのようなサイトと契約するのもいいかもしれませんが、気をつけたいのは何かトラブルが生じたときです。これらのサイトは問い合わせの際に日本語が通用しないし、電話が国際電話のみだったりということもあるわけです。

これらのサイトは一見、日本語表示されて見えますが、自動翻訳で表示しているサイトも多く、文章が少し変なのですぐわかります。

家族で国内の旅館を予約してトラブルが発生した際、問い合わせが遠く離れた海外へ国際電話をかけなくてはならない?なんていうことも起こりうるので注意が必要です。

以下、最近多く出てくるサイトを並べてみます。

アゴダ(Agoda.com)
AMOMA.com(Amoma.com)
アップルワールド(Appleworld.com)
ブッキングドットコム(Booking.com)
DESTINIA(Destinia.jp)
ELVOLINE.com(Elvoline.com)
エクスペディア(Expedia.co.jp)
ホテルズドットコム(Hotels.com)
一休.com(Ikyu.com)
JTB(Jtb.co.jp)
近畿日本ツーリスト(Knt.co.jp)
日本旅行(Nta.co.jp)
Otel.com(Otel.com)
OZmaill(Ozmall.co.jp)
楽天トラベル(Travel.rakuten.co.jp)
RELUX(Rlx.jp)
るるぶトラベル(Rurubu.travel)
TICATI.com(Ticati.com)
Trip.com(Trip.com)

こちらのサイトに詳しく掲載されています。
ホテル予約サイト一覧(https://www.hotelnoz.com/)

Trip.com(トリップドットコム)に注意(緊急)

中国系のサイトTrip.com(トリップドットコム)の予約で問題が起きているようです。

日本テレビの『スッキリ』でいま放送しています。

どんなことが?

①満室なのに部屋が販売されていた。
②部屋の名前を勝手に変えている。
③部屋のや料金が違う。やたら高い。
④キャンセル料がやたら高い設定になっている。

サイト側は『X社というサプライヤーが載せているのでこちらは責任が無い。』と言っているらしいが、日本テレビのスッキリで専門家が言うには、

『そのX社はおそらく実在しない。これは転売目的でTrip.com(トリップドットコム)がやっているのだろう。』

法律上も問題があるらしいが、とにかくこのサイトはまずいことをやっている可能性があるということだ。

Trip.com(トリップドットコム)これまでの評判はともかく、

このサイトは要注意!

ディズニー(TDR)周辺のホテルをお探しの方へ

①浦安市内の②オフィシャルやパートナーホテル以外で、③ランドとシーの近くにある④比較的料金の安いホテルについてまとめた内容を固定ページで書きました。

TDRへ旅行予定のある方、TDR周辺のホテルが知りたい方は参考にしてください。

ディズニー(TDR)周辺のホテルをお探しの方へ

この周辺は新しいホテルも増え、価格変動もありますので定期的に内容を更新をする予定です。

(まだ編集途中ですが)地図を使い分かりやすく解説しています。

こちらからどうぞ


旅行比較サイトの特集がテレビ「スッキリ」で紹介されました。

たったいま「比較サイトの使いこなし術」が日本テレビのスッキリで特集、放送されました。

始めはオンライン予約の推移から。2013のオンライン予約は22.5%、2017年には38.5%ということでしたが。まだ意外に少ない。6割くらいにはなっているかと思いました。

そのあとは比較サイトのしくみについて、わかりやすくというか簡単に説明。

最初にトリバゴの映像を流した割には…取材はトリバゴではなくトラベルコ、まずはこの取材が中心で放送。わかりやすいトリバゴをもっと紹介してほしかったような気もしますが、ここはやっぱりトラベルコが日本企業だからということでしょうか。

比較サイト6サイトの名を挙げていましたが、コメンテーターが比較サイトの比較サイトがあればとも。

でも最近「比較サイトの比較」についての記事は一部企業への忖度が大きすぎるのでここは使い勝手も含めてご自分の目で確かめてみるのが一番ですよ。

スッキリでは次にホテルズコンバインドを紹介。これもなんか忖度くさい内容かな。その後はスカイスキャナー。

テレビの力は大きいから、この後これらサイトのアクセス数もかなり動くかもしれません。

トライシーってサイトを知ってますか?

キャンペーンをまとめたサイトらしいですが、航空券が往復700円とか6円とか…考えられないような内容を載せているサイトもあるようで紹介されていました。

うーん、トリバゴをもっとやってほしかった。

以上、テレビ見ながら速記のような記事、失礼しました。

宿泊料金の比較と予約の総合案内