トリバゴの一覧に出るサイトを調査 2019

トリバゴを見ると、400社以上ものサイトと提携しているということになっていますが、実際に国内と海外のホテルの一覧を調べてみるとおよそ20社前後のサイトが目立って表示されています。

その20前後のサイトについても、数年前とはかなり変わってきたなという印象があります。

一番違うと思うのは「じゃらんnet」が見当たらないということですね。以前はよく出ていましたが、提携をやめたのか、あるいは料金の設定を変えたのか、こちらでは分かりませんが何度調べても一度も一覧に出ませんでした。

また、今まで見かけない海外系のサイトでどこにでも顔を出すサイトもいくつか出てきています。例えば、Trip.comやTICATI.comELVOLINE.comなど、これらは海外に本拠地があるサイトで薄利多売で手数料を稼ごうというサイトと見ていいと思います。

最安値を探してこのようなサイトと契約するのもいいかもしれませんが、気をつけたいのは何かトラブルが生じたときです。これらのサイトは問い合わせの際に日本語が通用しないし、電話が国際電話のみだったりということもあるわけです。

これらのサイトは一見、日本語表示されて見えますが、自動翻訳で表示しているサイトも多く、文章が少し変なのですぐわかります。

家族で国内の旅館を予約してトラブルが発生した際、問い合わせが遠く離れた海外へ国際電話をかけなくてはならない?なんていうことも起こりうるので注意が必要です。

以下、最近多く出てくるサイトを並べてみます。

アゴダ(Agoda.com)
AMOMA.com(Amoma.com)
アップルワールド(Appleworld.com)
ブッキングドットコム(Booking.com)
DESTINIA(Destinia.jp)
ELVOLINE.com(Elvoline.com)
エクスペディア(Expedia.co.jp)
ホテルズドットコム(Hotels.com)
一休.com(Ikyu.com)
JTB(Jtb.co.jp)
近畿日本ツーリスト(Knt.co.jp)
日本旅行(Nta.co.jp)
Otel.com(Otel.com)
OZmaill(Ozmall.co.jp)
楽天トラベル(Travel.rakuten.co.jp)
RELUX(Rlx.jp)
るるぶトラベル(Rurubu.travel)
TICATI.com(Ticati.com)
Trip.com(Trip.com)

こちらのサイトに詳しく掲載されています。
ホテル予約サイト一覧(https://www.hotelnoz.com/)