いま話題の「民泊」について

最近テレビなどで話題(騒動)になっている「民泊」の多くはそもそも旅館業法という法律を違反をしている可能性が高い宿です。

問題の多い「民泊」

それを東京オリンピックや爆買い旅行客対応のため規制を緩和する方向に進んでいるところではありますが、現時点ではかなり問題も多い状態でグレーゾーンの中という感じです。

日本で人を泊めてお金をもらうには、法律に従って防災器具や避難路の確保などをし、建物やサービスににお金をたくさん掛けなくてはなりません。そうやって安全やサービスを確保し、申請して許可をもらい、はじめてホテルや旅館は営業ができるわけです。

それを、別宅や部屋が空いているという理由で格安料金で人を泊めるようなことを皆が始めたら、防災上、環境上いろいろな問題が出てくるし、本来規制を受けて営業をしている人たちにとっても、たまったものではありません。

規制緩和第一号は東京の大田区ですが、この内容は緩和と言っても、けっこう厳しい条件をクリアした建物や部屋だけが民泊として認められるという内容で、区域内で誰でも営業できるというものではありません。

今この民泊で特に問題視されているのが、セキュリティと、騒音やゴミの問題です。セキュリティのしっかりしているオートロック式マンションの一室を民泊として貸し出し、玄関を不特定多数の人が自由に出入りするようでは、他の住民にとっては厳しいセキュリティが意味を持たなくなってしまいます。

また、ネットで契約をしただけでは、実際に何人泊まっているかもわからず、実際は外国人が一部屋に何十人も入り込み毎晩どんちゃん騒ぎをして、ゴミ出しも適当、ということも現実問題として起きていることです。

「民泊」オーナーの言い訳

多くの民泊オーナーの言い訳としては、「知り合いに部屋を貸しただけだ。」ということになります。法律から逃れるにはそれしかありません。

そして料金は「お礼」として受け取ったということにしています。相手はネットで知り合った「知り合い」「友達」という訳です。

東京オリンピックも控え、民泊の規制緩和は必要だという意見はわかります。が、規制緩和と同時に、厳しい罰則のようなものも必要でしょう。

昨日こんな記事を目にしました。

民泊提供してる奴を通報するの楽しすぎw

アパートやマンションなど集合住宅での問題については、不動産管理会社が動くと解決が早いようですね。

当サイトとしては、まっとうなホテルや旅館を応援したいので、この件、これからどんな動きになるのか今後もしっかり見守っていきたいと思います。

※ 昔からある「民宿」を民泊と表現して紹介している新聞やサイトも多くありますが、このページでは最近話題になっている、外国人専用のような違法民泊について述べています。