amoma.com の評判は?

以前このサイトで amoma.com についてはまだよく分からないサイトなので使わない方がいいかも?という事を書きました。

その後どうなったのか、少し調べてみましょう。

改めてサイトを見てみます。

amoma

ぱっと見た感じでは、ブッキングドットコムやホテルズドットコムなど、海外に本拠地を持つ他のサイトに近くなってきていると言ってもいいでしょう。

ホテルを選んでみます。

あれ? 日本語での検索が出来ません。日本語を入れると、「その名前は認識できません。もう一度やり直してください。」と表示されます。

「東京」はダメ、「tokyo」ならOK。「ニューヨーク」もダメ、「new york」ならOK。

出てきたホテル一覧もすべて英文。その先、ホテルの説明も英文。

空室一覧内の部屋タイプや条件とゲストレビューは日本語になっていますが、ゲストレビューは提携しているトリップアドバイザー社から日本語情報を掲載しているようです。

トップページはほぼ日本語で書かれているのに、中身はというと日本語対応をしているサイトとは言えません。

では実際の利用者の評価はどうでしょう?

amoma.com の情報はまだそれほど多くありませんが、旅行掲示板で探し出してみると『日本語が通じない。』とか『日本語でやりとりができないので困った。』というようなことが書かれていたりします。

サイト上に日本専用の電話番号表記がありますが、確かめてみましょう。

予約案内に電話してみました。

日の丸マークがついた東京の電話番号でしたが、流れてきた音声ガイダンスは、英語でした。

ついでに(心配になったので)同じ海外系のエクスペディアとホテルズドットコムのサポートに電話してみました。こちらは日本語で大丈夫のようです。

日本語で検索も出来ないamoma.comのようなサイトで予約して、あとで『日本語が通じない』というのは変な話ですが…



…困った話の原因が少し見えてきました。

広告経由などでamoma.comを使おうとした人は、日本語で検索が出来ないし、ホテルの解説文が英文だから英語が苦手な人なら、その先予約を避けるのは当然です。

でも、トリバゴなどのホテル検索サイト経由なら、いくつかのサイトで日本語の解説を見てホテルを決め、そのあと宿泊料金を比較し、一番安かったamoma.comを選ぶ。

そして次に表示されるページはamoma.comの空室選択のページで、ここはクチコミ情報など日本語がメインで書いてある。

そのまま予約し、訳あって問い合わせしたら日本語が通じなかった、というパターンが想像できますね。

これは勝手な憶測ですが、十分に考えられます。

さて、他に評判を探してみると、中には『とても安かったのでamoma.comをおすすめします!』という最近の文章も見られます。

トリバゴで上位に表示されるくらいですから、料金はかなり安いサイトであるのは間違いないようです。

ということで、おそらく英語に堪能で海外旅行にも慣れているような人にとっては全然問題はない、お得なサイトのかもしれません。

また、料金は安いし予約しても問い合わせするようなことが無いだろうからそれでいい、という考えの人もいるかもしれません。

このサイトがトリバゴやブッキングドットコムのように日本進出を重要と考えているなら、やがてはしっかり日本語対応がなされ、テレビCMが流れるようになるのだろうと思います。




関連記事:トリバゴ利用時の注意点(海外系サイトの電話日本語対応)