検索したホテルの広告が多い件

気づいている方も多いかもしれないが、ニュースサイトやブログなどいろんなページを見ていると、最近検索したホテルの広告、予約サイトの広告がやたら出てくることがある。

これは、行動ターゲティング広告と言われるしくみだ。

あなたが予約サイトで見た情報が自分のパソコンのクッキーと言われるエリアに一時的に格納される。

そのエリアはブラウザ(グーグルクロームやファイヤーフォックスなど)を通してサイト側から覗くことができるようになっていて(設定による)、予約サイトのクッキー格納情報を知るウェブ広告会社がそれを利用して、あなたに広告を見せているわけだ。

「あなたは最近予約サイトAでホテルBを検索しましたね。このホテルの予約はもうお済みですか?」

とか、

「あなたは最近予約サイトAでホテルBを検索しましたね。ホテルをお探しなら、こんなホテルもありますよ。」

という具合に広告することができる。

もし気味が悪いというなら、クッキー機能を無効にするしかないが、さまざまなログイン情報もクッキーに格納されるので、後でけっこう面倒なことも出てくる。

確かに自分の行動が盗み見られているようで気持ち悪いという人もいるかもしれないが、相手はクッキーというエリアの決まった情報以外は見ることはできないので、あなたの個人情報を盗んだりは出来ない。

まあ相手はプログラムで、それこそ機械的に表示しているだけなのであまり気にすることはない、と思っている。