楽天カードに付いている海外旅行保険

テレビCM「カードマン」でおなじみの楽天カードをお持ちの方も多いと思いますが、これに「海外旅行傷害保険」が付いているのはご存じでしたか?

年会費無料のカードでこのような保険が付いているカードはそれほど多くはありませんが、その補償内容は以下のようになっています。


  • (傷害)死亡後遺障害 最高2,000万円
  • 傷害治療費用 最高200万円
  • 疾病治療費用 最高200万円
  • 賠償責任 最高2,000万円
  • 携行品損害 最高20万円(免責金額3,000円)
  • 救援者費用 最高200万円

↓ こんなときに守ってくれる保険です。

□ 旅行中に病気になって入院することになった!
□ ホテルで壁を汚してしまい弁償しろと言われた!
□ 持っていった高級カメラが盗まれてしまった!
□ 買い物中に高価な皿を落として割ってしまった!

ただし、この保険の適用には条件があるので覚えておきましょう。

楽天カードは、日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。

まず「公共交通乗用具」とは航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどですが 出国するために 交通機関の利用に際して楽天カード支払うことで適用になりますが、金額の大小は関係ないようですから、空港へ行くために乗ったバス代や電車代を楽天カードを使って支払えばクリアということです。

例えばJRの「みどりの窓口」なら、隣の駅までの切符でも楽天カードで買うことができます。(人が並んでいると買いづらいかもしれませんが)

また「募集型企画旅行」とはパッケージツアーのことで、この代金を楽天カードで支払った場合も適用されます。これは代金の一部支払いでも可。

このように、交通費とパッケージ代金のどちらかの支払いを楽天カードで済ませておけば良いわけですが、出国してからカードを利用してもこの条件に当てはまらないので注意してください。

また保険金請求手続きに必要な交通費などの領収書は帰国まで無くさないように気をつけましょう。

この楽天カードのようにカードの利用によって保険が適用されるカードを、

「利用付帯」タイプのカードと言います。

これに対し、カードを作った時点で無条件で保険が適用されるのが「自動付帯」タイプのカードで、これは種類がたくさんありますが、ほとんどのカードは年会費が必要となっています。

これについては「自動付帯 カード」で検索するとたくさん出てきますので参考にしてください。

また、上記の補償内容だけでは不安だという方は、空港で出発前に加入したり事前に保険会社で申し込むことになります。

以下、参考にどうぞ。


まだ楽天カードをお持ちでない方、お申し込みはこちらからどうぞ。