「ネット予約した旅行、トラブル相談増」というニュース

日本テレビ系(NNN) 9月1日(木)20時15分配信

 インターネットで予約した旅行に関するトラブルが増えているとして、国民生活センターが注意を呼びかけている。

 国民生活センターによると、全国の消費生活センターなどには、去年、旅行に関するトラブルの相談が3545件あり、このうち1669件がインターネットで予約した旅行に関するトラブルの相談だったという。

 この相談件数は、753件だった2010年の2倍以上で、「予約したのに現地に行ったら予約がとれていなかった」「代金を二重に請求された」などの相談が多いという。

 また、海外旅行サイトのトラブルも多く、国民生活センターは、契約前に事業者の所在地や日本語対応する連絡手段があるかなどを確かめ、どのサイトを使うかよく検討するよう呼びかけている。

このようなニュースを聞くとネットでのホテル予約が危険であるかのように感じる人もいるかもしれません。

「相談件数が2010年の2倍以上」ということですが、2010年と今とではサイトの利用者数が違います。

エクスペディアがエクスベアというクマのキャラクターを使って日本で本格的に売り込みを始めたのがちょうど2010年。ブッキングドットコムやトリバゴも今のようにCMを流していませんでした。

ネット予約の認知度が上がって、簡単に予約する人が増えた分当然トラブルも増えます。なぜ今のタイミングなのかは分かりませんが、ネットでの状況を見る限りもっと早い段階で呼びかけてもよかったような気もします。

ネット予約でのトラブルと聞いて、エクスペディアやブッキングドットコムを思い浮かべる人もいるかもしれません。でも今回の数字はネット予約できるサイトすべての合計です。国内の旅行業者は1万社もありますから、そういった中でのトラブルもけっこうあると思います。

当サイトで紹介しているサイトについては、ネットでのトラブルをいろいろ検索していますが、二重請求や予約が入っていなかったというのはそれほど多くありません。(ないことはないですが)大手がそんなことばかりやっていては、それこそこのネット時代、評判を落として利用者がいなくなるはずです。

検索で一番多いと思うのが、キャンセル不可についてのトラブルです。特に海外系のサイトでは、部屋を安くする代わりに「返金不可」の条件を付けている場合が多い、ということがあります。

予約、即、返金不可になる条件で、旅行が一か月先でもキャンセルするとほぼ100%キャンセル料が取られます。

海外では常識でも、日本では慣れていない人が多く、これがトラブルとしてネットで多く出ています。サイト側からするとトラブルでもなんでもないことなんですが、慣れていない人には「詐欺サイト!」となってしまうようです。

そういえば最近、ホテル予約の確認メールを装った詐欺事件というものを耳にしましたが、こういうのには引っ掛からないように気を付けたいですね。

「予約が完了しています。キャンセルするにはキャンセル料が発生します。」みたいなメールが来るそうです。十分にご注意ください。