民泊問題、みなさんの心配が現実になっています。

民泊に関して心配していたことが起こり始めた、というかどんどん表に出始めています。

MAGNEWSに高城剛が書かれたとても興味深い記事がありましたので、一部引用しながら紹介します。

京都を訪れる人は、3年連続で年間5500万人を突破。宿泊客は1500万人に登り、外国人宿泊数も320万人と過去最高を記録

と客が増えているのに、

増大する民泊により、年間で最大の宿泊客を獲得できる今週紅葉時の旅館の稼働率は、著しく落ちているのが現状

ということです。何が起きているのか?

町家の入り口を見ればわかりますが、古い建物に不釣り合いな新型ナンバー式のオートロック装置が取り付けてあれば、まず間違いなく、不特定多数が出入りする「闇宿泊施設」で、近隣住民とトラブルも続出しています。

恐ろしいことに、いま取り締まりが出来る中での状態がこれですよ。

来年6月「住宅宿泊事業法」(民泊新法)が施行されます。

いまさら驚く人もいないかと思いますが、この法律は申告制です。申告すればとりあえず誰でも民泊が始められるザル法です。

こんな法律を作った政治家たちは本当にどういうつもりで安易にこんな法律を作って通したのか?まったく理解できません。

オリンピックのためになんて言う人も多くいましたが、財務省所管の金融機関が2014年に出した「東京オリンピック期間中と期間後の全国のホテル需給環境を考える」によればオリンピックでもホテルが足りなくなることはない、と書かれています。

今でこの状態です。これからどうなるのか?

この国の政治家たちは想像力が無さ過ぎるのか?

テロ等準備罪を白紙撤回なんて馬鹿なことを言ってないで、こっちを何とかして欲しいもんです。

この国の政治家たちはいったい誰のために政治をやっているんでしょうか?

いったいどの国のために政治をやっているんでしょうか?

記事はMAGNEWSの
京都が荒らされている。急増「外国人向け」闇観光ビジネスの実態』からでした。この中には白タクの問題についても書かれています。

関連記事① 民泊の全面解禁による恐怖のシナリオ 2016年5月22日
関連記事② 民泊は必要?東京オリンピックで宿泊する人の数 2016年5月21日

そのほか、当サイトの民泊関連記事はこちら。