源泉かけ流しと温泉風呂の違い

源泉かけ流しの風呂と一般の温泉風呂のしくみや成分について簡単に。

源泉かけ流し

源泉の本来の意味は地中から水や温泉が湧き出てくる場所のことですが、源泉かけ流しとは、その源泉から湧いて出た湯をそのまま風呂で使い、あふれた湯はそのまま捨てて二度と循環させない方式による風呂のことです。

そのまま使うと言いましたが、温泉の質によっては大量のメタンガスが含まれている場合もあり、そのような場合は装置を使ってガス抜きをします。

湧き出す温泉の温度によっては温めたり冷ましたりすることもあります。

また、本来かけ流し方式は雑菌が増殖しずらく、ほとんど殺菌の必要はありませんが、都道府県の条例によって塩素剤を加えているところもあります。

温泉風呂

同じ施設の中でも、こちらは源泉かけ流し風呂であちらは温泉風呂ですと分けられているところも多くありますが、この温泉風呂とは一般に循環式の風呂になっています。

この場合、源泉かけ流しの風呂の成分と温泉風呂の成分には違いがあります。

特に鉄分を多く含んだ温泉の場合、それをそのまま循環式の風呂に使うと配管がすぐに錆びてだめになってしまうのため、源泉かけ流しの湯から鉄分をろ過したものを循環用として使います。

そのため、同じ温泉でも源泉のかけ流し風呂と温泉風呂では色や匂いがかなり違ってくるわけです。鉄分を多く含んだ源泉のかけ流し風呂は酸化のために湯も床や壁なども赤くなり錆びの匂いもします。

また循環式の風呂では雑菌の発生を防ぐため、塩素剤の投入が条例で義務付けられ、また量が少なくなった場合は一時的に水や湯が足されたりする場合もあるので、温泉の成分は残っているものの源泉かけ流しの湯とは多少成分が異なってくるのです。

尚、循環式とは言っても一年中循環させているわけではなく、数日置きには湯を抜いて掃除をすることが条例で義務付けられています。