ホテルの種類

立地や運用形態で分ける。

リゾートホテル

観光地に立つホテル。プールやテニス場、温泉など施設が充実。長期滞在する客も多い。ホテルの滞在自体が観光の目的に含まれる。

アーバンリゾートホテル

都市部にありながら、リゾート気分が味わえるという意味でそう呼ばれる。スパ施設などが充実しているところが多い。

ターミナルホテル

駅や空港の近くにあるホテル。形式や料金はさまざま。

コンベンションホテル

さまざまな展示会や講演会、博覧会などを催すことができるホテルで、そのスタッフなどもホテル側で揃っている場合もある。

シティホテル

文字通り都市近郊にあるホテルで、宴会場やレストランなどがあるホテル。ビジネスホテルよりは料金が高め。

ビジネスホテル

シティホテルよりもシングルの部屋が多く、基本的に宴会場などは無い。最近はシティホテルとの違いが少なくなる傾向。


ホテルを料金で分けてみる。

ラグジュアリーホテル、ハイエンドホテル

ラグジュアリーの本来の意味は「贅沢な」という意味で、高級ホテルのさらに上という感じ。代表的なホテルは、東京の例ではパークハイアット東京やリッツ・カールトン、帝國ホテルやホテルオークラのようなホテル。

ただハイエンドという言葉を含めて、この辺りのランク付けは人によって違うので判断は難しい。一般には客単価が3万円以上のホテル。

ミドル

一般に客単価2万円以上がミドルと言われる。

エコノミー

料金的に見て、ミドルクラス以下のホテル。