キャンセル無料期間の表現に注意

トリバゴで予約した際のキャンセルについて知りたい方は、
こちらのページ 内に記述していますのでご覧ください。


キャンセル無料の期間について、サイトによって表現に違いがあるようですので間違いのないようにしましょう。

この例では、以下の同じ日の同じホテル同じ部屋を例に、ブッキングドットコムとホテルズドットコムでキャンセルポリシーの表現を比較してみました。


対象ホテル:京王プラザホテル札幌
チェクイン予定:2016年6月8日(水)~1泊 / 大人1人 / 朝食なし

ほぼ同じ時間に検索、選んだ部屋はどちらも「コンフォート シングルルーム 禁煙」で、どちらも残り2室です。

ブッキングドットコムの表現は、

keio-booking

2016年6月7日より前までキャンセル無料

詳細:キャンセルが到着日の1日前の午前0時までに行われた場合は無料

※ 詳細は(?)を触ると表示されます。

つまりは6月6日中にキャンセルすれば無料ということですね。

これに対し、ホテルズドットコムは、

keio-hotels

キャンセル無料 2016年06月07日 まで

詳細:2016年06月07日までは無料でキャンセル可能です。

日本語の表現の問題になってしまいますが「〇〇までは」と言った場合はそれを含むのが普通です。つまりホテルズドットコムの方は6月7日中なら無料ということでいいですよね。

すると、ホテルズドットコムの方がキャンセル無料の期間が1日長いということになってしまいます。

実は、同じ内容でも表現が違う場合もあるので気をつけましょうね、というページにしたかったのですが、意外なことになってしまいました。

ブッキングドットコムは「到着日の1日前の午前0時まで」で、6月8日の1日前、7日の午前0時はイコール6日終了のときですから、これは間違いようがありませんが、

ホテルズドットコムには、念のため「2016年06月07日まで」は7日を含みますよね? とメールしてみましょう。

ところで、上の画像を見て気が付いた方もいらっしゃったかと思いますが、料金はホテルズドットコムの方が断然安いですよね。

朝食なしの比較で 10,733円17,040円

でも、よく見るとホテルズドットコムは、税金とサービス料なしの金額で、ブッキングドットコムは税金とサービス料込みの金額。

そうだ、こういうときこそトリバゴに頼もう!

トリバゴの料金は?

トリバゴ日本語版サイトの表示料金には、転送先の予約サイトで予約をする際に発生する税金や手数料が全て含まれるように努めております。
(トリバゴホームページから)

これで、比べるのが簡単になりました。

トリバゴで比較した結果、やっぱりホテルズドットコムが安いですね。税金とサービス料込みで
12,749円 となりました。

(トリバゴの表示)
keio-trivago1

ブッキングドットコムの方は「さらに表示」で同じ部屋がずっと下の方に出てきました。料金はもちろんホームページの表示と同じ 17,040円

ホテルズドットコムの方が 4,291円 も安いことになります。

keio-trivago2

このホテルこの部屋に関しては、ホテルズドットコムの方が安く、キャンセル無料期間も長いということがわかりました。

しかし、予約サイトはそれぞれ得意分野があり、またホテルとの提携のしかたなどでその時々の結果は違うのだろうと思います。

追記:ホテルズドットコムから返信が来ました。

キャンセル規約は、ホテル現地時刻の何月何日の何時までと設定されていることがほとんどです。
予約を進めていただきますと、次ページ下部にキャンセル規約の詳細が出てまいります
また規約も含め、予約サイトによってホテルとの契約条件が違うことはままございます。
ご検討の程お願い申し上げます。

予約を進めてみましたよ。

予約条件 & キャンセルポリシー
コンフォート シングルルーム 禁煙
2016/06/07 までキャンセル手数料無料
ご予約を 2016/06/07 23:59 ((GMT+09:00) Osaka, Sapporo, Tokyo) 以降に変更、キャンセルした場合には、1 泊 (税込) 分の客室料金が請求されます
不泊またはアーリーチェックアウトの場合は返金されません。

ありがとうございました。

間違いなかったようです。


「トリバゴ キャンセル」で検索してこのページへ来られた方もいらっしゃるかもしれませんが、トリバゴはホテルの検索と料金比較の専門サイトですのでキャンセル処理は行いません。

トリバゴについて詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。