ホームページから印刷した領収書

会社の出張でホテルを予約する際、ネットが便利ということで、ご自分のカードで決済して、あとで会社からお金をもらおうと思っている方もいらっしゃると思います。

多くのサイトで領収書の印刷は可能です。自分のアカウントの専用ページで宛名を入力してボタンを押すと、ちゃんと四角い朱印が押された、ホテルでもらうのと同じような領収書(明細書)が印刷できます。

問題は会社側がそれを認めてくれるかどうか、ということです。

つまりは「会社の規定」というやつですね。長年務めている事務のお姉さまが『コピーや印刷はダメ!』と言えばそれまでのような気もしますので、予め確認しておいた方がよさそうです。

印刷したものであっても 税法上は領収書として認められる のだそうです。

それをそのまま事務のお姉さまに話をした場合、逆鱗に触れる可能性もあるかもしれません。

『そんなことわかってるけど会社の規定が※#々々@!!!』

一度ダメモトで印刷と言わずにそのまま提出してみるのも手かもしれませんが、カードの場合、領収書の発行元はホテルではなくオンライン決済会社などになっているので、お姉さまに何か言われる可能性もないとは言えません。

念のため、領収書の用紙をコピー用紙ではなく、和紙風の色つき高級紙にしてみましょうか。これなら、お姉さまも手に持った瞬間、すんなり納得してくれるかもしれません。

さらなる作戦は、印刷された角印のはしに、朱肉を使い自分の指で汚れを付けてみましょう。これなら印刷とは思われないかもしれませんが、バレたらひどいことになるかもしれません。

私文書偽造?

いや、手に付いた朱肉が紙に付いてしまっただけです。
偽造でもなんでもありません。