台湾へ行こう! 九份

台湾は親日国、友好国で、日本で災害が起きると いつもたくさんのご支援と応援をいただきます。

感謝を込めてご紹介。

先日紹介した通り「千と千尋の神隠し」のモデルと噂される場所はこの台湾にもあります。台湾北部にある九份(きゅうふん)という町がそうです。

日本統治時代に金鉱山として栄えた町。その後さびれてしまいましたが、1989年、映画の舞台になったことで注目されるようになり、そしていま「千と千尋」効果で日本からもたくさんの人が来ています。

「千と千尋」のモデルになった、という事実関係はよく分かりませんが、どうでしょうか、

いい動画を見つけましたのでご覧ください。

確かに雰囲気ありますね。ああ、あの場面、お父さんとお母さんがカウンターでいっぱい食べている感じのお店もあります。

さて「千と千尋」の件、ジブリのサイトに行ってみました。

宮崎監督が参考にしたと認めている建物については、江戸東京たてもの園内の「子宝湯」と愛媛県の「道後温泉」の名前が出ています。もちろん、これら以外にもいろんな街や建物を参考にされたとは思いますが、その件については違うページで、スタッフの方がこう書いています。

公開後、「山形の銀山温泉」「宮城の鎌崎温泉」「群馬の四万温泉」「長野の渋温泉」「鳥取の羽合温泉」などの温泉宿から、「うちがモデルではないか」というお話をいただきました。いずれも、古風で立派な建物で、なかには、正面に赤い橋が架かっていたり、大きな湖に面していたりする、映画にそっくりな湯屋もありました。また、同じ「油屋」の屋号を持つ温泉旅館は国内に何軒かあり、中でも長野県の諏訪湖畔に建つそれは、結構似ているようにも見えます。これらの温泉地に監督が訪れたことがあるのか否かについては、残念ながらわかりませんが、監督が特定のモデルはないという以上、正解ではないようです。

この件は以上で。

トップ画像は阪急交通社さんからお借りしました。

トリバゴとは?