カテゴリー別アーカイブ: 雑筆・その他

アラン幸福論から「旅行」

以前、社員旅行なるものに参加していた頃、その強行スケジュールのために期待していた観光地の滞在時間がわずかで慌ただしく、とりあえず写真に撮っておくだけという感じの残念な思いをすることがよくありました。

さて、今から110年も前に書かれたアラン先生の「幸福論」の中に、そんな忙しい旅行を戒めるかのような「旅行」という文章があります。

ちょっと長いですが、時間があればお付き合いください。

 休暇のときには、芝居や映画を次から次へと見歩あるく人たちがたくさんある。少しの時間に多くのものを見たいと人は思うに違いない。見た話をするためなら、この方法が最上だ。引き合いに出す場所の名が多いほどよいからである。しかし、本人のため、またほんとうに見るためなら、あまり関心しない。大急ぎで見たのでは、どれもこれも似たようなものになる。急流はいつでも急流だ。だから、大急ぎで世界をはせめぐる人は、そのあとでも、その前よりは、たいして思い出が多くなりはしない。

 

見るものの真の富は、細部にある。見るというのは、細部を経めぐり、それそれの部分に少し立ち止まり、そして再び全体を一瞥して把握することである。他の人には、これが速くできて、別なものにはせつけ、また別なものにとびつくことができるのかどうか、私は知らない。私としては、そんなことはできない。毎日りっぱなものをながめて、たとえばサントゥアン教会を、自分の家にある絵のように利用できるルアンの人たちは幸いなるかな。

こちらがそのサントゥアン教会(画像引用元:http://4travel.jp/)
saint-ouen

 それにひきかえ、ひとたび博物館に入るとか、観光地に行くとかすると、ほとんどまちがいなく、思い出がごっちゃになり、ついには線のぼやけた灰色の絵のようになってしまう。

私の趣味としては、旅行というものは、一度に一メートルか二メートル歩いては立ち止まり、同じものの新しい姿を改めてながめることにほかならない。ほんの少し右か左に行って腰をおろせば、もう全体が変化する。百キロメートルも歩いたより以上に変化することが、よくあるものだ。

急流から急流へと走り回るなら、いつでも同じ急流を見ることになる。しかし、岩から岩へと歩いて行けば、同じ急流でも一歩ごとに別なものになる。そして、すでに見たもののところへもどってみると、新しいもの以上に私の心を捕らえるし、また実際それは新しいものなのである。習慣のなかに眠りこんでしまわないためには、変化のある豊富な観物を一つだけ選びさえすればよいのだ。それどころか、見方が変わるにつれて、どんな観物でも汲みつくせないような喜びを含んでいるものだ、と言わなければならない。それに、どこにいても星空を見ることができる。これこそ、みごとな断崖である。

(1906年8月29日)

「見るものの真の価値は細部にある。」

「習慣のなかに眠りこんでしまわないためには、変化のある豊富な観物を一つだけ選びさえすればよいのだ。」

これは旅行だけでなく、いろんな事がらにも言えそうですね。

文章引用元:角川学芸出版「幸福論 アラン」石川湧=訳


「イン」と名がつくホテル

イン(inn)の意味を英和辞書で調べてみました。

1.(通例階下で飲食店を兼ねた旧式の二階建ての)小旅館、小ホテル、宿屋

2.(田舎にある古風な)宿屋,旅館;居酒屋

3.はたご屋;お宿;どや;旅篭屋;御宿;逆旅;客亭;旗亭

本来の意味からして、気軽に泊まれる低料金の宿ということでよさそうです。

特にビジネスホテルチェーンに多い名称の一部で、多くは4,000~5,000円台から泊まれるようなところがそろっていますから、急な出張でホテルを探すときは、こういう「イン」の付いた名前を選べば間違いないでしょう。

全国では東急イン、東横イン、ドーミーイン、ルートイン、西鉄インなど。

地方でもインのつくホテルはたくさんあります。例えば山形のホテルイン、新潟のビジネスイン、兵庫県は宝塚イン…数えればきりがありません。

日本に昔からあるインは、

院(いん)は、元の意味は高い垣に囲まれた大きな建築物…

私の家の近くにも、接骨インや養老イン、薄毛治療インなどたくさんのインがあります。

… すみません、雑筆カテゴリーとは言え、失礼いたしました。


祝日のまとめ

祝日を一覧で確認してみましょう。

よく祝日について「祝祭日」という言い方もしますが、

かつての休日法である「年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム」および「休日ニ関スル件」から継承される祭日由来のものがあるが、現行の休日法では全て祝日であり、祭日は存在しない。

ということで、お休みはすべて「祝日」だったようです。

例えば、宮中祭祀の神嘗祭(かんなめさい)や新嘗祭(にいなめさい)が行われる日は祭日ですが、神嘗祭は10月17日で祝日ではなく、新嘗祭は11月23日で、こちらは後に勤労感謝の日として国民の祝日となったようです。

では、一覧にしてみます。

元日 1月1日 年のはじめを祝う日
成人の日 1月の第2月曜日 大人になった人を祝う日
建国記念の日 2月11日 かつての紀元節
春分の日 春分日(3月20日~3月21日頃)かつての春季皇霊祭の日
昭和の日 4月29日 昭和天皇の誕生日
憲法記念日 5月3日 日本国憲法が施行された日
みどりの日 5月4日 自然に親しむ日(前の「国民の休日」)
こどもの日 5月5日 端午の節句、男の子の成長を祝う日
海の日 7月の第3月曜日 海洋国日本の繁栄を願う日
山の日 8月11日 山の恩恵に感謝する日
敬老の日 9月の第3月曜日 老人を敬愛し長寿を祝う日
秋分の日  秋分日(9月22日~9月24日頃)かつての秋季皇霊祭の日
体育の日 10月の第2月曜日 1964年東京オリンピックの開会式の日
文化の日 11月3日 日本国憲法が公布された日
勤労感謝の日 11月23日 かつての新嘗祭の日
天皇誕生日 12月23日 天皇陛下の誕生日を祝う日

紀元節(きげんせつ)は、古事記や日本書紀で日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日をもって定めた祭日。

皇霊祭(こうれいさい)は、歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式で、宮中祭祀のひとつ。大祭。

新嘗祭(にいなめさい、にいなめのまつり、しんじょうさい)は宮中祭祀のひとつ。大祭。収穫祭にあたる。

山の日は2016年、今年からですよ!

山の日制定の経緯 – 国民の祝日として「山の日」を制定することを求める日本山岳会をはじめとする全国「山の日」協議会加盟諸団体や既に「山の日」を制定していた地方自治体、その他山岳関係者や自然保護団体等からの意見を受け、2013年4月、超党派の議員連盟「山の日制定議員連盟」(会長:衛藤征士郎)が設立された。

特別何かあったわけではないようです、そんな感じで祝日って増えるものなんですかね。

自由民主党、民主党、日本維新の会、公明党、みんなの党、結いの党、日本共産党、生活の党、社会民主党の9党は共同で国民の祝日に関する法律の改正案を衆議院第186回国会に提出した。

こういうときだけは、仲良く超党派なんですね。

現在、祝日がない月は6月だけですが、近い内になんとか議員連盟が出来そうな感じします。

川の日かな?

うん、間違いないでしょう。


「格安ホテル」で検索してみた。

「格安ホテル」のキーワードで検索して、当サイトで紹介しているサイトから何サイトトップページに広告が出るだろうかと軽い気持ちでグーグルで入力してみたところ、

結果はこうです。
kakuyasu1

上段の広告は、一番上に見慣れない b00kilng.com‎があって、あとはエクスペディア、ブッキングドットコム、トリバゴの3サイト。

下段の広告は、アゴダとじゃらんnet、楽天トラベル、と当サイトのメインメニューで紹介しているところがほとんど入っています。

kakuyasu2

おそらく、どのサイトもさまざまなキーワードに反応するように、広告表示の設定がされているんだと思います。各サイト、年間での狙いもあるでしょうから、季節でも広告の出し方は変わってくるものと思われます。

じゃあ、「激安ホテル」ではどうでしょう。

  • エクスペディア
  • ヤフートラベル
  • じゃらんnet
  • アゴダ
  • トリップアドバイザー
  • トリバゴ
  • 楽天トラベル

エクスペディアとトリバゴは同じグループ。グループのもうひとつホテルズドットコムが全く出ていないのはちょっと意外。

ところで、格安のトップに出ていた b00kilng.com とは何でしょう。広告をクリックすると申し訳ないので、検索して調べてみました。

https://hotellook.com/ というページがホームですが、これはホテル専門の検索サイトですね。アゴダやブッキングドットコムと同じグループの企業のような感じですが、すべて英文で日本語には対応していないようです。

ためしに検索窓で「東京」と入力してみると、このサイトでのおすすめ情報の他に、提携先の検索ページが同時に出てきます。

どうもよくわからない動きですが、さて日本進出はうまくいくのでしょうか。今のところ日本語英語ともウィキペディアに出てこないので、サイトの実体もよくわかりません。

まずはトップページだけでも日本語で表示しましょう。
先頭の広告でガンガンとクリックされて、すぐ閉じられたら、なんか広告代がもったいない気がします。


ツアーサイトのバナー鑑賞会

今日はツアー会社を中心に各サイトのバナーに目を向けてみました。

ちょうど、ゴールデンウィークを控えて、各社、楽しい旅行への誘いに力を入れているわけですが、どのようなバナーを作成しているのか、その一部を並べてみます。

各サイトのセンス、戦略も少しわかるような気がします。

小田急トラベル

odakyu2

odakyu

日本旅行

nihon1

nihon2

阪急交通社

hankyu1

hankyu2

近畿日本ツーリスト

kinki

じゃらん

jaran

るるぶトラベル

rurubu

楽天トラベル

rakuten