アジアを探すなら、アゴダ

アゴダ(Agoda)は、シンガポールを本拠地とするサイトで、アジアを中心としたホテルの予約サイトとして知られています。

アジアに強いサイト

以前よりシンプルなイメージになり、新たなポイントも加わりました。
日本語サポートが弱くなったと言われるなど気になる部分もありますが、他社との提携もありましたので、いろいろと方針の変更もあるようです。

とは言え、以前からの アジア方面最強サイト という地位はそのまま。特に、あまり旅行メジャーでない地域にも強いと口コミ等でも出ています。

agoda_ajia

アジア地域の旅行を計画されている方は、一度検索してみてください。

最近、料金帯の指定条件検索が新しくなり、とても使いやすくなりました。
図のように左右両側からレバーを動かして料金帯の範囲を変えると、その都度即時に、金額に合った紹介内容に変化します。

agoda1

2種類のポイントが貯まる

ポイントマックス」という新しいポイントが追加されました。

ホテルの予約を行うことで自動的にアゴダが提携する航空会社のマイルが貯まるというもので、有名なデルタ航空をはじめ中華航空など15の航空会社が提携先として載っています。

提携先は中国系の会社が多く日本の会社は1社もありません。2014年中国最大の旅行会社と提携した流れがここに見られるようです。

以前からあった「リワードポイント」についてもFAQに載っていますので引き続き使えそうです。リワードポイントは宿泊料金の4%~7%がポイント還元され、次回の宿泊に使えるポイントです。



料金支払いのタイミング

支払いタイミングは宿泊プランに従って3通り

①通常は予約時に即決済。②プランに「今すぐ予約&後払い」とある部屋は、予約条件に基づいて一定期間後に決済。③それと現地払いです。

①②の支払い方法はクレジットカードとペイパルのみで振込みは出来ません。

キャンセルについて

予約前にはかならずホテルのキャンセルポリシーを確認してください。

アゴダでは、客室タイプ欄の「パッケージ」という項目の中に「返金不可」や「○○まではキャンセル無料」と書かれたところがあり、これらの文字の上を触るとその詳細がバルーンで表示されます。

agoda_cancel

返金不可」の場合、予約が成立するとすぐキャンセルしても全額キャンセル料が取られますので注意してください

「返金不可」の部屋は通常の価格よりも安くなっているのが普通です。あまりおすすめはしませんが、旅行予定に自信があれば選ぶ人もいます。

料金表示

アゴダの宿泊料金には 税金と諸手数料は含まれていません

アゴダ基本情報

  • 運営会社はAgoda Company Pte. Ltd.で本社所在地はシンガポール。
  • 1998年設立。2007年アメリカのプライスライングループの一員となる。このグループは現在、中国最大の旅行会社と提携を強化している。


海外や国内のホテルが検索・比較・予約できる総合案内